当院の入れ歯

当院の入れ歯は日米製法特許を取得したDSシステムという入れ歯製造システムで製作されています。その中でも、最新型製造システム”Sシリーズ”を使って製作された入れ歯を『オーディックデンチャー』と呼び、当院の入れ歯は保険・自由診療を問わず全てオーディクデンチャーです。

【DSシステム Sシリーズ】

入れ歯の材料となるピンク色の樹脂は固まるときに収縮してしまう性質があります。つまり、お口の中で正確な型を取って樹脂を流し入れても、固まるまでの間に樹脂が縮み、わずかに入れ歯が合わなくなってしまうのです。そのため、これまでは収縮による入れ歯の歪みを歯科技工士と歯科医師の経験に頼って調整していました。

当院が採用している製法は、コンピューター制御により樹脂が固まるときの収縮を最小限に抑える新しい入れ歯の製法です。この製法により、ほとんど調整の必要がないくらい精密な入れ歯を作ることが可能になりました。

また、当院の入れ歯に使われている樹脂は不純物やアレルギー物質を極限まで除去したピュアな樹脂を採用しています。身体に優しい材料を使っていますので、今まで以上に安心して入れ歯をお使いいただけると思います。